Acethinker menu

Windows用のトップ8Final CutProの代替品

feature image final cut pro x windows このミレニアムでは、映画製作ははるかに洗練され、洗練されており、それらがどのように作成されたかに私たちをより魅了しています。映画業界では、ポストプロダクション会社は主に編集ソフトウェアを使用して、映画の結果の外観を提供および装飾します。彼らが使用している機器は、私たちが利用するにははるかに複雑ですが。 Web開発者は、一般の人々が使用できるさまざまな編集ソフトウェアを作成しました。これらのソフトウェアの1つがFinalCutProです。このソフトウェアは、アップルが開発したノンリニアビデオ編集プログラムです。これにより、ユーザーは非破壊的な編集機能を使用して、ビデオをMOVなどのQuickTime互換形式にエクスポートできます。悲しいことに、WindowsOSユーザーはFinalCutProを使用してビデオを編集することはできません。良いことは、この記事は最も信頼できるものを組み立ててキュレートすることです Final CutProの代替品 お使いのPCに最適なWindowsOS用。

Navigation of Contents

Windows用FCPのトップ8の代替案

1. AceThinker Video Editor

サポートされている形式: AVI、WMV、MP4、MPEGなど。
Final Cut Proに取って代わることができるのはなぜですか?: さまざまなオペレーティングシステムと互換性があります。カスタマイズ可能なロゴや透かしの追加など、さまざまな編集ソフトウェアでは表示できない便利な編集ツールが装備されています。

AceThinker Video Editor は、Final CutWindowsの代替として使用される包括的なビデオ編集ソフトウェアです。これにより、ユーザーは、膨大な数のビデオフィルターを使用して、プロジェクトビデオをハリウッドレベルのフィルムに変えることができます。ユーザーがビデオにまったく新しいスタイルを適用するために適用できる40以上の魅力的なフィルターがあります。また、ビデオ効果を高めるために利用できる20種類以上のオーバーレイがあります。それとは別に、トリム、カット、GIFとビデオクリップのマージ、明るさの調整など、出力ビデオを以前よりも美しく見せるための豊富な編集機能が装備されています。最後に、ユーザーはプロジェクトビデオにサウンドトラックを挿入して、スパイスを効かせ、よりプロフェッショナルなものにすることができます。

主な機能:

  • リアルタイムプレビュー機能があり、ユーザーは出力ビデオをエクスポートまたは保存する前に見ることができます。
  • これにより、ユーザーは速度制御機能を利用して、元の速度より速いか遅いかにかかわらず、セグメントまたはビデオクリップの速度を設定できます。
  • これにより、ユーザーは、ソースがどこにあっても、カムコーダー、サイトからダウンロードしたもの、またはモバイルカメラですべてのビデオをインポートできます。

その下には、ビデオエディタの利用方法に関する詳細な手順があります。

Step 1 Final Cut WindowsAlternativeをインストールする

まず、下のダウンロードボタンをクリックしてビデオエディタをダウンロードします。インストールウィザードを通過して、プロセスを続行します。完了したら、ソフトウェアにアクセスし、その機能とナビゲーションに慣れます。

無料でお試しください

無料ダウンロード

Windows 7/8/10

安全なダウンロード

無料ダウンロード

Mac OS X 10.10 以上

安全なダウンロード

final cut pro x windows ve interface

Step 2 ビデオの編集

このソフトウェアでビデオを編集するには、ツールの左上にあるインポートボタンをクリックします。デバイスフォルダを参照し、[開く]ボタンをクリックして、ビデオエディタにビデオファイルをインポートします。次に、トリム、カット、マージ、フィルターとエフェクトの追加などの機能を利用して、出力ビデオを強化します。

final cut pro x windows ve step2

Step 3 ビデオを保存して再生する

最後に、編集が完了したら、エクスポートボタンをクリックして、プロジェクトビデオに加えた変更を保存します。次に、ポップアップウィンドウが表示されます。 [ファイルの場所]ボタンをクリックして、出力の場所に移動します。ビデオをダブルクリックしてプレビューし、再生します。

final cut pro x windows ve step3

2. Adobe Premiere Pro

サポートされている形式:MP4、MOV、MPEG、その他多数。
Final Cut Proに取って代わることができるのはなぜですか?:このツールは、さまざまなオペレーティングシステムとの互換性に加えて、Adobe Sensei Ai、Adobe stockなどのさまざまなサードパーティプラグインと互換性があり、ユーザーがビデオを強化するのに役立ちます。

Final Cut Pro X Windowsの代替品について話し合うときは、 Adobe Premiere Pro 常にリストにあります。その独特で優れた機能により、ユーザーは簡単にビデオを編集および作成できます。また、ビデオ愛好家がプロジェクトビデオの正確な彩度を選択するのに役立つ、シンプルでありながら強力なカラーグレーディング機能も提供します。それとは別に、それはバックグラウンドノイズを取り除き、信じられないほどの結果でリバーブするためにその本質的なサウンドパネルを使用して即座にバックグラウンドオーディオを改善することができます。さらに、Adobe Sensei AIの助けを借りて、このソフトウェアは元の編集ポイントを識別できます。したがって、プロジェクトビデオに追加の調整を入力する方が簡単で、高速です。

final cut pro x windows adobe premiere pro

主な機能:

  • DNxHDファイルまたは不可逆の高解像度ポストプロダクションコーデックをサポートします。
  • 最大8K品質のさまざまな最新品質のフッテージ、さらにはバーチャルリアリティビデオを編集できます。
  • これには、ユーザーがビデオのアスペクト比を変更して、Instagram、Facebookなどのさまざまなソーシャルメディアプラットフォームと互換性を持たせるのに役立つ自動フレーミング機能があります。

3. Minitool Movie Maker

サポートされている形式: 3gp、.mov、.avi、.flv、.mkv、.mp4、.mpg、.vob、.wmv、.rmvb、その他多数。
Final Cut Proに取って代わることができるのはなぜですか?:ユーザーができるフリーウェアです
透かしを残さずにビデオを編集する
出力ビデオで。

Minitool Movie Maker は、シンプルで使いやすいFinal CutProの無料のWindowsの優れた代替品の1つです。正確で明確なナビゲーションにより、ユーザーはウォークスルーに依存することなく、この編集ソフトウェアを簡単に制御して利用できます。結婚式、誕生日、愛など、ユーザーが新しいビデオを作成するために利用できるさまざまなムービーテンプレートを提供します。長いビデオを小さなクリップに分割できるだけでなく、プロジェクトビデオの最初または最後から不要な部分を削除することもできます。さらに、元の品質を損なうことなく、HD解像度でビデオを編集できます。

final cut pro x windows minitool movie maker

主な機能:

  • ビデオの速度を簡単に変更したり、ビデオを反転させたりすることができます。
  • プロジェクトビデオにアニメーションタイトル、エンドクレジット、字幕を追加できます。
  • サウンドトラックを追加したり、バックグラウンドノイズをミュートしたり、音楽を編集したりできます。

4. Vegas Pro

サポートされている形式:MP4やAVC / AVCHDなどのH.264ファミリをサポートし、HEVCなどの最先端のコーデックもサポートします。
Final Cut Proに取って代わることができるのはなぜですか?: これは、サードパーティのプラグインの助けを借りずに他のフォーマットを240Pに​​変換できる数少ないNLEソフトウェアの1つです。

Vegas Pro オンポイントインターフェイスと機能機能セットにより、Final Cut Pro for Windows10のもう1つの適切な代替手段です。 3Dトラックモーション堆肥化や平面交差を含む視覚平面の配置などの高度なビデオ編集機能を提供します。また、このエディターを使用すると、シーケンスとクリップをインスタンス間でコピーして貼り付けることができます。さらに、HDRビデオ品質をサポートおよび編集できるノンリニア編集ソフトウェアの1つです。最後に、手ぶれ補正機能を備えており、不安定な映像をスムーズでプロ並みのビデオにすることができます。

final cut pro x windows vegas pro

主な機能:

  • ダイナミックなストーリーボードとタイムラインの相互作用があります。
  • ノイズ除去フィルターが付いています。
  • 豊富なファイルバックアップオプションがあります。

5. VSDC Free Video Editor

サポートされている形式: WebM、AVI、QuickTime File Format、WindowsMediaなどをサポートしています。
Final Cut Proに取って代わることができるのはなぜですか?: このツールは、可能な限り低いシステム要件で動作します。したがって、古いPCで動作します。

VSDC Free Video Editor、包括的な編集機能により、Windows用の信頼性の高いFinal CutProの代替品の1つであるノンリニアビデオ編集ソフトウェア。その機能の1つは、クロマキーツールです。このツールを使用すると、ユーザーは緑色の背景を削除して、プロジェクトのビデオに一致する素晴らしい風景や設定に置き換えることができます。また、ズーム、360度ビデオ編集、色補正など、プロ並みの出力ビデオを作成できる基本的な編集ツールが装備されています。さらに、あらゆるオブジェクトの移動軌跡に適用できるモーショントラッキング機能を備えています。

final cut pro x windows vsdc

K主な機能:

  • これには、ユーザーがプロジェクトビデオに音声トラックを入力できるボイスレコーダーがあります。
  • ビデオエフェクトをバックグラウンドミュージックのビートに同期します。
  • これには、ユーザーがビデオクリップの特定の領域にエフェクトを入力できるマスキング機能があります。

6. Corel VideoStudio

サポートされている形式:DVD、AVCHD、HD-DVD、AVIなどをサポートしています。
Final Cut Proに取って代わることができるのはなぜですか?:このツールには、AIテクノロジーにより顔認識を行うことができる機能が新たに追加されています。

Corel VideoStudio はWindowsOSと互換性のあるビデオ編集ソフトウェアであり、FCP forWindowsの最も受け入れられる代替手段の1つです。その本質的な編集機能により、ユーザーはストーリーボードとタイムライン指向のグラフィックオーガナイザーの両方を利用できます。それとは別に、FX、3D、アルバムエフェクトなどのビデオトランジションのいくつかのカテゴリで構成されています。ユーザーは、オーバーレイ機能を使用して、フラッシュアニメーション、ビデオ上のテキスト、さらには画像をオーバーレイすることもできます。最後に、このツールの最も優れている点は、360度の編集機能を利用してビデオを編集できることです。これにより、ユーザーはプロジェクトビデオを幅広く見ることができます。

final cut pro x windows corel

主な機能:

  • モーショントラッキング機能があります。
  • PCでビデオを編集およびキャプチャする場合は、スクリーンレコーダーがあります。
  • YouTube、Facebook、Vimeoなどのさまざまなビデオ共有サイトで出力ビデオを直接共有できます。

7. PowerDirector

サポートされている形式: WMV、WMV HD、MOV、MOD、TOD AVCHD、MPEG-4などをサポートしています。
Final Cut Proに取って代わることができるのはなぜですか?: これには、ビデオの色の効果を自動的に強化するTrue TheaterColorという優れたビデオ機能があります。

PowerDirector は、便利な機能と編集機能を提供するビデオ編集ソフトウェアです。これは、膨大な数のシネマティックビデオテンプレート、カスタマイズ可能なタイトル、および注釈デザインを使用してビデオを簡単にアップグレードできる、Windows10用のFinalCutProの代替と見なされます。また、プロジェクトビデオのすべてのビデオクリップをシームレスに接続するためのさまざまなトランジションスタイルも備えています。さらに、ビンテージ、白黒などの広範なビデオエフェクトとフィルターを使用して、プロジェクトビデオの外観を変換および変更できます。最後に、不要な背景を削除し、プロジェクトビデオに特殊効果を入力できるグリーンスクリーン効果があります。

final cut pro x windows powerdirector

主な機能:

  • 何千ものロイヤリティフリーのビデオテンプレートがあります。
  • これにより、ユーザーはプレミアムトラック、音楽、サウンドクリップに無制限にアクセスできます。
  • 元の品質を損なうことなく編集およびエクスポートするための8Kビデオインポートをサポートできます。

8. Lightworks

サポートされている形式: WAVI、MOV、XDCAM HD / EX、MPEG-4などをサポートしています。
Final Cut Proに取って代わることができるのはなぜですか?: これにより、ユーザーは好みの外観に応じてインターフェイスをカスタマイズできます。これにより、ユーザーはワークフローをスピードアップできます。

多くのハリウッド映画制作で広く使用されているビデオエディタ Lightworks、 シャッターアイランド、ヒューゴなどの有名な映画で大幅な強化と出力を提供しました。そのインターフェイスには、キューマーカーとメタデータマーカーを含むビューアタイル、プロジェクトアセットを含む編集ビュー、タイトルとサブタイトルの配置に役立つVFXビュー、オーディオビューなど、ユーザーが利用できる4つのタブがあります。パン設定を制御する際にオーディオ波形を支援し、メーターバーの追跡に役立ちます。さらに、Windows、Mac、Linuxなどのほぼすべてのオペレーティングシステムと互換性があります。したがって、これはWindowsに最適なFinal CutProの代替品です。

final cut pro x windows lightworks

主な機能:

  • トランスコーディングを必要とせずに、サポートされていない形式をインポートできます。
  • YouTube、Facebook、Vimeoなどのビデオ共有サイトと互換性のある既製のビデオをエクスポートできます
  • 高速で精密なトリミング機能を備えています。

比較表

ソフトウェア 価格 ターゲットオーディエンスと機能範囲 懸念事項と制限事項
AceThinker Video Editor 49.95ドル2PC /生涯サポート。 ベーシック、プロシューマー、プロフェッショナル モバイルデバイスではまだ利用できません。
Adobe Premiere Pro 30日間の無料トライアル。プレミアムアクセスの費用は月額21.72ドルです プロ レンダリング速度は、他のビデオ編集ソフトウェアに比べて遅いです。
Minitool Movie Maker 無料 基本 ビデオの編集中にグリッチが表示されることがあります。
Vegas Pro 完全に購入するには600ドル(500ポンド)かかります。 プロ 高過ぎ。
VSDC Free Video Editor 無料で$ 19.99のProエディション プロシューマー ビデオ安定化ツールはありません。
Corel VideoStudio 79.99ドル 試用版 ビデオ編集は時々面倒なことがあります
PowerDirector 価格は19.99ドルから プロシューマー プラグイン機能の一部は、一度インストールすると見つけるのが難しい場合があります。
Lightworks 月額$ 24.99 プロ 出力ビデオのサウンドトラックが同期していない場合があります。
author portrait
トップに戻る
サポート
お問い合わせ