Acethinker menu

Mac用のベスト10無料ビデオ編集ソフトウェアのレビュー

feature free video editing software for mac 以前のビデオ編集のタスクは、初心者には難しいものであると認識されていました。ビデオコンテンツの作成者は、プロのビデオ編集者に依存して、ビデオに独自の要素をトリミングまたは追加しました。ただし、いくつかのユーザーフレンドリーなアプリケーションとツールの出現により、タスクが簡単になりました。これで、初心者でもビデオを最初から編集して、タスクを正確に実行できます。 Macユーザーは、ユーザーがさまざまなビデオをマージしたり、固有の要素を組み込んだり、オーディオトラックを切り替えたりできる、いくつかのトップグレードのアプリケーションを使用して、手間をかけずにビデオを編集できます。適切なビデオエディターの選択により、タスクの品質が決まります。したがって、ユーザーの要件とソフトウェアで利用可能な機能を徹底的に精査した後でツールを選択すると役立ちます。これらのツールが利用できるようになったため、Macユーザーはビデオ編集用の無料ソフトウェアを利用できるようになりました。

Navigation of Contents

Apple iMovie

Apple iMovie は最高の無料ビデオエディタMacの1つで、ビデオ編集のニュアンスをあまり知らない初心者に最適です。これは、Appleユーザーにとって不可欠なツールです。すでにMacデバイスにインストールされており、無料で使用できます。これにより、ユーザーは最大4K品質のビデオを編集できます。初心者は別として、専門家はツールとしてもそれから利益を得ることができます。たとえば、ビデオに独自の要素を含めるためのプロフェッショナルレベルの機能がいくつか付属しています。 Macユーザーの場合、小さなビデオクリップの作成、ビデオの分割、オーディオトラックの追加、iPadまたはiPhoneからのビデオのシームレスなインポートを簡単に行うことができます。また、iCloudでビデオプロジェクトを共有することもできます。ただし、アプリケーションの高度な機能の数は限られており、専門家はこのツールの範囲が限られていることに気付くことがよくあります。このツールの最も優れている点は、初心者がビデオ編集を学び、徐々に習得するためのプラットフォームを作成することです。

free video editor mac apple imovie interface

PROs

  • 初心者に最適です。
  • それは4Kビデオ編集を可能にします。
CONs

  • 含まれる高度な機能の数は少なくなります。
  • 編集トラックが少なくなっています。

Movavi Video Editor Plus for Mac

Movavi Video Editor Plus for Mac アマチュアとプロの両方に広く効果的です。この無料のビデオエディタには、高度でプロフェッショナルレベルの機能が付属しています。 7日間の無料トライアルにより、ユーザーはアプリケーションの互換性を簡単に確認し、それに応じて使用できます。複数の要件を満たすように設計されているため、あらゆるビデオ編集目的に使用できます。個人使用またはソーシャルメディア用のビデオ編集オプションを探している場合でも、コンテンツの品質を向上させるいくつかの機能があります。ビデオを選択してタイムラインにドロップし、特殊効果やイントロを追加する必要があります。繰り返しになりますが、高度な機能を使用して、さまざまなクリップでビデオを作成したり、オーディオトラックをマージしたり、プロのビデオを作成するための視覚効果を追加したりできます。トランジション、クロマキー、ビデオ安定化などの標準機能を使用して、複雑なビデオを開発します。繰り返しになりますが、ビデオを編集し、背景の解説を導入するためのナレーションを録音する組み込み機能は、追加の効果のために専門のビデオメーカーによって追加することができます。無料試用期間を利用した後、ビデオ作成者はこのツールの有料版に移行することがよくあります。

free video editor mac movavi interface

PROs

  • 使いやすいです。
  • 多くの特殊効果が付属しています。
  • 内蔵のカメラとマイクを使用してナレーションを行うことができます。
CONs

  • その他の機能は、有料版でのみご利用いただけます。

Lightworks

Lightworks ビデオに特殊効果を追加するための理想的なツールです。これは主にプロの映画編集者によって使用され、有名なハリウッド映画の編集に使用されてきました。このツールの多くの機能はMac用の最高の無料ビデオエディタの1つであるため、専門家や初心者はこのアプリケーションのユニークな要素を最大限に活用できます。アプリケーションの時間は、ビデオを編集するための期待される標準に従っているため、ユーザーフレンドリーであり、このツールを使用してビデオにオーディオトラックを組み込むことができます。また、初心者向けのチュートリアルガイドとビデオのミュージッククリップのセットも付属しています。ただし、このアプリケーションのアクセス可能なバージョンでは、108pの出力しか許可されていません。したがって、チームのビデオ編集にも最適です。

free video editor mac lightworks interface

PROs

  • 特別な機能が豊富に揃っています。
  • それは専門家にとって理想的です。
CONs

  • 無料版よりも有料版の方がメリットがあります。

DaVinci Resolve

専門家は主にそれを使用します。また、ハリウッド業界の映画編集プロセスで効果的に利用されている高度な機能も満載です。さらに、 DaVinci Resolve 無料ユーザーにはさまざまなメリットがあります。最大8Kのビデオをサポートでき、AIを組み込んで編集品質を向上させます。 HDRサポートにより、ビデオの色を改善し、必要な調整を行うことができます。ビデオをトリミングしたい場合は、トランジションの追加やビデオのカットにシームレスに使用できます。

free video editor mac da vinci resolve interface

PROs

  • 幅広い機能と特殊効果。
  • 8Kビデオ編集をサポートします。
CONs

  • 一部の機能は複雑です。

OpenShot

OpenShot オープンソースコミュニティにとって理想的であり、Mac用の最高の無料ビデオ編集アプリです。このツールは、WindowsやLinuxなどのオペレーティングシステムもサポートしています。シンプルなインターフェースなのでとても使いやすいです。ここでは、写真やビデオクリップを挿入したり、それらをマージしたりできます。クリップをトリミングするための基本的なビデオ編集機能を利用することもできます。さらに、アニメーション、スローモーション効果などの他の重要な要素を含めることができます。また、翻訳者やサポーターの助けを借りて、70を超える異なる言語をサポートします。

free video editor mac openshot interface

PROs

  • 初心者に適しています。
  • 約70の異なる言語をサポートします。
  • アニメーション機能があります。
CONs

  • その速度は制限されています。

HitFilm Express

HitFilm Express 初心者や専門家が使用できる約400の特別な機能を提供します。インターフェースはユーザーフレンドリーで、初心者は手間をかけずに機能を管理できます。組み込みの機能により、初心者は知識を深めることができます。アニメーションは、ビデオ品質も向上させます。さらに、写真を3Dスタイルのシーンに変換したり、写真を使用して解説スタイルのビデオを作成したりすることもできます。

free video editor mac hitfilmexpress interface

PROs

  • VFX機能が付属しています。
  • 3Dモデリングが可能です。
  • 最大4Kのビデオをサポートします。
CONs

  • 習得するのは少し複雑です。

Avidemux

高度なビデオ編集機能や3Dアニメーションに焦点を合わせる代わりに、 Avidemux 本質的なビデオ編集品質を強調しています。アプリケーションのコアツールを使用すると、エディターは特殊効果を導入できます。ビデオ編集のすべての主要なフォーマットに使用できます。また、ビデオのデザインを変更したり、字幕を追加したり、ビデオの長さをカットおよびトリミングしたり、オーディオトラックを導入したりすることもできます。この無料アプリには透かしがありません。このアプリケーションには限られた機能がありますが、機能には広大な範囲があります。タスクを自動化するために、Javascriptを使用してカスタマイズされたスクリプトを作成することもできます。コーディングに長けている場合は、個別のプラグインを作成することもできます。他のビデオ編集ツールと比べると少し時代遅れに見えますが、そのシンプルなアプローチは初心者に最適です。

free video editor mac avidemux interface

PROs

  • 基本機能を備えたシンプルなビデオエディタ。
  • それは別々のプラグインを作ることを可能にします。
  • 透かしはありません。
CONs

  • レイアウトがやや古くなっています。
  • 機能が制限されています。

Blender

3Dモデリングのオプションをお探しの場合は、 Blender 理想的な選択です。 Macユーザーの場合、特に複雑なプロジェクトを処理する場合は、別のオプションです。複雑な3Dビデオを作成したい場合、Blenderはその高度な機能を支援します。 Blenderは、オーディオ編集、クロマキー、トランジション、スローモーションエフェクトなど、プライマリレベルの高度な機能を提供します。また、さまざまなビデオクリップを組み合わせたり、特殊効果を追加したり、プレビューしたりして、加えられた変更を最終的に確認することもできます。 。さらに、このツールのさまざまな機能の処理に習熟すると、3Dモデルのシーンを作成できます。ここでも、アニメーションを作成し、2D図面を3Dに変換できます。さらに、想像力を形にし、ビデオ品質を向上させることができます。最後に、モーショントラッキングも可能になるため、リアルな画像を3Dで再構築できます。

free video editor mac blender interface

PROs

  • 3Dモデリングに最適です。
  • いくつかの効果と機能があります。
CONs

  • 非常に高い学習曲線があります。
  • 初心者向けではありません。

Kdenlive

Kdenlive は非常に使いやすいツールであり、その主な特殊効果により、色のグラデーションでビデオ品質を向上させ、フィルターを追加して視覚的な魅力を向上させることができます。このツールは初心者には最適ですが、専門家には範囲が限られています。ただし、このツールを使用して、すべての形式のビデオを編集できます。

free video editor mac kdenlive interface

PROs

  • 使いやすい。
  • それはすべてのビデオおよびオーディオフォーマットと互換性があります。
CONs

  • 基本的な機能しかありません。

Jahshaka

使用する Jahshaka、このツールを使用して、アニメーションや3D効果のいくつかの機能を追加できます。視聴者はVRヘッドセットを使用してこれらを体験できます。好みに応じて、図形、画像、テクスチャを挿入することもできます。

free video editor mac jahshaka interface

PROs

  • バーチャルリアリティプロジェクトに最適です。
CONs

  • そのビデオ編集品質は最近低下しています。

結論

上記のアプリケーションには、ビデオコンテンツの作成者または編集者が要件に基づいて使用できるさまざまな固有の要素が豊富に含まれています。したがって、Macユーザーは、これらの無料のムービーエディターMacを使用して、非常に正確で献身的な基本または複雑なビデオを作成できます。

author portrait
トップに戻る
サポート
お問い合わせ