Acethinker menu

Windows用の優れたiMovieの選択肢トップ5

feature image imovie alternative iMovieは、既存のすべてのオプションの中でMac用の最も好ましいビデオ編集アプリケーションです。このアプリケーションは、ブログで何度も推奨しています。 iMovieは、多くのAppleデバイスにプリインストールされているアプリケーションです。これは直感的で無料のアプリケーションです。初心者から熟練したYouTubeビデオメーカーまで、多くの人がそれを使用することを好みます。ただし、iMovieには1つの問題があるようです。それは、ソフトウェアのWindowsバージョンがないことです。残念ながら、作業中のWindows専用のiMovieはありません。さらに悪いことに、WindowsPCにiMovieをインストールするためのより良い方法はありません。したがって、Windows PC用のiMovieが必要な場合は、PCの仕様がなくてもWindows用の優れたiMovieの代替品であるビデオを編集するために、次の5つの無料アプリケーションを確認します。

Navigation of Contents

AceThinker Video Editor

AceThinker Video Editor は、包括的なナビゲーションが付属するユーザーフレンドリーなマルチメディアビデオ処理ツールです。 40の美しいフィルターを使用して、ビデオクリップとフッテージを映画のような出力に変えることができます。さらに、分割および結合機能を使用して、拡張フッテージをいくつかの部分にカットできます。この機能は、プロジェクトビデオで不要になった特定のシーンを切り取ろうとするときに役立ちます。さらに、プロジェクトビデオに透かしやロゴを簡単かつ包括的に挿入できます。以下は、iMovieの最良の代替手段でビデオを編集するためのヒントと方法です。

Step 1 iMovieAlternativeをインストールする

まず、ソフトウェアをYouTubeデバイスに保存するには、下のダウンロードボタンを押して、このウォークスルーを続行します。ウィザードとインストールプロンプトが終了するのを待ちます。その後、ツールのインターフェイスであるポップウィンドウが表示されます。その機能と特徴を一周します。

imovie alternative interface

Step 2 ビデオを編集する

次に、ツールの最上部にあるインポートボタンを押して、メディアファイルをアップロードします。次に、ストーリーボード上のファイルを下にドラッグします。背景の追加、注釈の挿入、トランジションの適用など、さまざまな機能を利用します。

imovie alternative step2

Step 3 エクスポートして再生

最後に、エクスポートボタンを押してファイルを保存します。レンダリングプロセスが終了するのを待ちます。次に、出力フォルダーに移動して、ビデオを再生およびプレビューします。このiMovieの代替手段を使用してビデオを再編集するには、上記の手順に従ってください。

imovie alternative step3

ビデオ用の VSDC Free Editor

VSDC は、専門家によって強く推奨されているビデオの無料エディターです。これはあなたが今までに手に入れることができる最も軽いツールです。また、メモリが少なく低速のコンピュータでも実行できます。その人気の理由の1つは、ビデオ用の多数の無料エディターとは異なり、VSDCを使用すると、フレームレート(特に、120 fpsのビデオフッテージ)、品質、およびコーデックを備えたビデオをすばやく簡単に開くことができるためです。ビデオの編集が完了した瞬間に、VSDCを使用すると、多くのソーシャルメディアサイトおよびデバイス用に事前構成されたビデオプロファイルをエクスポートできます。手動で変更することなく、高いビデオ品質が維持されます。機能の面では、このアプリケーションは非常にパンチがあります。これは、基本的なビデオの拡張(回転、トリミング、およびカット)に役立ちます。さらに、このアプリケーションでは、オーディオの強化、スタイリッシュなタイトルの作成、およびファストモーションやスローモーションなどのスピーディーなビデオエフェクトの追加が可能です。ただし、ここで重要なのは、リソースを浪費することになるため、VSDCの基本機能だけを取得することはできないということです。 Windowsに最も近いiMovieオプションであるという事実とは別に、ビデオ編集アプリケーションには、長い影、リアルな雨滴、レンズフレア、クロマキーなどの多くの最新のエフェクトとフィルターがあります。ここで最も重要なのは、LUT、Instagramタイプのフィルター、RGB、彩度と色相の曲線など、色補正のためのさまざまなツールを提供する調整効果のコレクションです。 VSDCをそのような傑出したアプリケーションにしているのは、画像の不透明度を制御し、ファイルをオーバーレイするのが簡単なことです。これにより、画像、アイコン、テキストオブジェクト、またはさまざまなビデオをフッテージに手動で挿入できます。その他の傑出した機能には、ビデオのサイズ変更、ビデオブレンディング、および多数の画像を同時に表示するために使用されるピクチャーインピクチャー機能が含まれます。これは、ビデオチュートリアル、ニューススタイルのクリップ、およびリアクションビデオを作成する人々にとって便利な機能です。

imovie alternative vsdc

Olive

Olive アプリケーションは、Linux、Windows、およびmacOSを使用するオープンビデオ編集システムです。このアプリケーションは、アルファ版が現在使用されている間、まだ開発中です。このアプリケーションは優れたパフォーマンスを発揮し、優れたツールのように見えます。オンラインのRedditコミュニティは、このツールがWindowsに代わる最高のiMovieの1つであると説明しています。このビデオエディタは、ここで説明したビデオ編集ツールの大部分と比べて、さまざまな点で使いやすいです。ショートカットがたくさんあり、トランジションとエフェクトが制限されています。そして何より、シンプルでクリーンなものが付属しています。インターフェース。プレビュー用のウィンドウで特定の操作を実行して、ファイルの再配置、回転、およびサイズ変更を行うことができます。また、ピクチャーインピクチャーや分割画面機能などの便利な機能も備えています。さらに、内蔵の音声録音ツール、オーディオノイズ機能、および簡単なタイトル作成機能を利用できます。オリーブは現在開発中であることを常に忘れないでください。つまり、後で導入される機能がさらに増える予定です。しかし現在、これは、家族や友人のビデオをすばやく組み合わせたり、キャプションやサウンドトラックを追加したりすることを検討している人にとっては優れた選択肢です。

imovie alternative olive

Davinci Resolve

Davinci Resolve ポストプロダクションを検討していて、ビデオの色補正をマスターしたい人に最適なツールです。 Davinci Resolveは、映画のカラーグレーディングに使用されたアプリケーションです– La La Land! Davinci Resolveは、BlackmagicDesignによって開発されたツールです。このソフトウェアは、リソースを大量に消費し、リソースを大量に消費します。このツールは完全な初心者向けではなく、強力なハードウェアと強力なビデオカードを備えたシステムにインストールできます。しかし、この編集アプリケーションをインストールすることになれば、まともな映画を作るために必要なすべてを手に入れることができます。 Davinci Resolveには、ビデオを編集するための基本的なツール、色補正のための高度なコントロール、視覚と音声のミキシング効果などの機能の豊富なコレクションが付属しています。確かに、このツールを使用すると、キャプション、サブタイトル、およびタイトルを挿入することもできます。 iMovieに移行しようとしている人は、画面やタブが多いためにインターフェイスが怖いと感じるかもしれませんが、これは多数のオンラインビデオチュートリアルでよく理解できます。 Davinci Resolveにはいくつかの欠点がありますが、高品質のマシンでしか機能しない可能性がありますが、フォーマットの互換性に問題があります。たとえば、AVIフッテージがある場合、Davinci Resolve編集デバイスにインポートする前に、変換用のサードパーティツールが必要になる場合があります。

imovie alternative davinci resolve

Kdenlive

Linuxシステムの多くのユーザーにとって、 Kdenlive アプリケーションは、長年にわたって選択されたビデオ編集ツールです。ただし、これはWindowsアプリケーションでもあり、iMovieの代わりと見なすことができます。 VSDCと同様に、Kdenliveは非常に軽量で、低グレードのコンピューターにインストールできます。インストールのプロセスは難しいかもしれませんが、それは簡単なインターフェースが付属しています。ツールのビデオチュートリアルに従う必要がなくても、ユーザーはフッテージのトリミング、オーディオの削除またはミュート、速度の変更、音量の調整、および通常のビデオエフェクトの挿入を行うことができます。 Kdenliveには2つのビデオトラックがあり(平均的なユーザーにとってはうまく機能します)、ファイルを上書きすることができます。このアプリケーションで私たちが最も気に入っているのは、「カラークリップの追加」と呼ばれる便利な機能です。これは、任意の色の画面であるタイムラインに挿入するために使用されます。この画面は、あるビデオチャプターから次のチャプターに移動するときのトランジションとして役立ちます。画面は、アウトロとイントロの両方の背景としても使用できます。 Kdenliveには組み込みのテンプレートはありませんが、ユーザーはアプリケーションのストアやユーザーフォーラムにアクセスしたときにテンプレートを入手できます。彼らはたくさんのアニメーションタイトルツールテンプレート、エクスポートプロファイルプリセット、およびFXを取得できるようになります。

imovie alternative kdenlive

Openshot

これはビデオ用の簡単なエディターであり、派手なユーザーインターフェイスはありません。 Openshot ほとんどの主要な操作に最適なツールです。このツールを使用すると、多くのトラックを使用してビデオファイルをすばやくマージおよびカットし、音楽を挿入し、テンプレートに基づいてタイトルを作成し、さまざまなアニメーションを試すことができます(ただし、3Dアニメーションを使用するにはさらにソフトウェアをインストールする必要があります)。ドラッグアンドドロップを使用して、エフェクト、トランジション、およびフィルターを簡単に適用できます。このアプリケーションで私たちが最も気に入っているのは、初心者に適した直感的なツールであり、専門家にも役立つことです。トランジションテンプレートとタイトルテンプレートを使用できます。また、まったく経験のない人のために数回クリックするだけで既製のさまざまなオプションを使用することができ、彼らはまともな結果を得るはずです。また、ユーザーはさまざまなプロパティを自由に試して、好みに応じて結果を完全にカスタマイズできます。一般的に、Openshotは初心者にとって優れた選択肢です。学習曲線はほとんどなく、アプリケーションの使用方法を初めて使用するユーザーを教育するための説明ポップアップがあります。

imovie alternative openshot

Windows用の最も優れたiMovieオプションはどれですか?

この質問をする人によって異なります。ビデオ編集アプリケーションについての1つのことは、最良の解決策はありません。必要な特定のオプションは、好み、スキル、およびWindowsPCの能力に依存します。ライトビデオ編集ソフトウェアの使用を検討している人は、VSDCを選択する必要があります。ハリウッド品質のビデオを作成しようとしている意欲的な映画製作者は、DavinciResolveに行くことができます。繰り返しになりますが、オープンソースのソリューションを必要とする人々は、OliveまたはKdenliveのいずれかに満足するでしょう。決定を下す前に、Windows用のiMovieの代替品を比較することで、この表を簡単に調べることができます。

author portrait
トップに戻る
サポート
お問い合わせ